病気のこと

立ち止まって大切なことを思い出す

また更新が遅くなりました。しばらくはマイペースなブログのまま進むと思います(汗)

最近、病気に対して考えることがあります。あーでもない、こーでもないと思いながら、久しぶりにmixiのコミュニティを開いて、過去の履歴を見にいきました。

ここ1,2年で私は、病気に関する悩みとか落ち着いてきていました。

…というより仕事や日々の出来事のほうがいろいろあって、そっちで時間を使っていたという感じですが。

記憶の上書きではないですけど、悩んでいた頃の自分もだんだん忘れてきていて、自分は平気だったタイプー!なんて思いながら最近過ごしてました。

でもmixiみたら、あの頃だいぶ悩んでました。笑

あの頃、同じ当事者さんに支えられて今があるのだと、ハッとさせられました。
急に恥ずかしくもなりました。

同じ病気の方のいろんな言葉に支えられてました。
みんなそれぞれ前に進んでいるのをみて、いろんなペースがあっていいし、いろんな受け止め方があっていいんだ、と拠り所となっていました。

当時、若輩者の私を励ましてくれていました。
みんなで弱音や鬱憤を吐き出して、でもそれは前に進みたい思いがあるからだった気がします。不安ももちろんあって、それも共有して。

共感というよりは共有していた、感じでした。

そうやって支えられていたから、患者コミュニティをやっていきたいという思いを継続して持てていました。

なんかうまく説明できませんが、大事なことを忘れていたな、と思った日でした。

みなさん元気にやっているのかな。
楽しく過ごしていることを願います。

初心に返らなきゃ!

ーーーー

画像は5年前の自分の愚痴です、笑。こんなこと書いてたんだなー、なんて思い出しました。(あんまり変わってないですけど)