病気のこと, 日常

「高校時代の私と顔面片側萎縮症」を振り返る前に

さてさて、ざっくりとした振り返りも
次は高校時代です。

この頃は、濃い。
ホントに濃かったです。
病気のことだけでなく家庭内も進路も
盛り沢山で、てんこもり。

だから、正直どういう切り口で
どう語ればいいのか分かりません。
全部つながってるといえば、つながっていますからね。

高校に入学したときには、
夏にはロンバーグ病の手術をすることは決めていました。
担任の先生にも伝えていました。
部活の新人戦が夏に予定されていましたが、
手術があるから出られないことも
早々に伝えて気がします。

1学期が終わると私の高校は
夏休みではなく夏期講習がありました。

夏期講習に入ってすぐの2週間を使って
手術、入院する予定でした。
退院して、新人戦の応援には間に合うように。
夏祭りには間に合うように。
文化祭、体育祭に間に合うように。

すべて逆算して予定を立てました。

結果的に全部間に合いませんでしたが。

2週間の予定が2ヶ月まで入院しちゃいました。

最後は完治していなかったけれど、
逃げるように病院を出ました。

一回の手術の予定のはずが
二度の手術を経験しました。

私は5,6歳から通っていた病院で手術を受けていたため、
病院は遠く離れていました。
飛行機使わないと行けない距離。
だから、友人も家族もいないところでした。
母が毎週末飛行機でお見舞いにきてくれていました。

個人の形成外科病院だったので
ベット数も3人部屋2つと個人部屋2つ程の
きれいでこじんまりした病院。

今思うと、よく2ヶ月も外に出ずに
耐えられたな、と。

いや耐えてはないんですけど(笑)

引き出しに閉まっていた過去を
全部開けて整理するのは
エネルギーがいりますね。

もう大丈夫だ、って思っても
エネルギーが必要なのは
しょうがないですね。

なんだか文字にすると暗い話になってしまいましたが、
そんな暗い話でもないのです。

手術や入院期間について、
もっと詳しく事実を書くつもりです。
退院後の学生生活も詳しく書くつもりです。

予定外の手術で予定していたことが
何一つできなくて、納得いかない小娘が
腹を立てて半ば意地でエネルギーが
おかしな方向に向かった話です。

IMG_1618.JPG
〈写真は思い出の高校〉

最近のお気に入りは、チャップリンの言葉。
「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」

私の人生は喜劇。飽きない、いろんな経験ができる喜劇です。

ポエムちっくになってしまいました、笑

ちゃんとエネルギーをためてから、
しっかり書きますね。

また今度。

“「高校時代の私と顔面片側萎縮症」を振り返る前に” への 1 件のフィードバック

  1. こんにちわ^ ^
    私もロンバーグ病で手術をし、失敗しました。本当は背中の脂肪と頬の血管をちゃんと繋げられるはずだったのですが、うまくいかなく、ただ脂肪を入れる手術をもう一度しまたし。
    全身麻酔あとの症状が辛かったです。
    ことあと、どうなるのかも不安です。
    今は、ほんとに手術してよかったのかなと不安です。
    今、どんなお気持ちですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中